胃カメラによる内視鏡検査

和歌山・大阪での痔の日帰り手術
  • 下肢静脈瘤の日帰り手術「楽クリニック」
  • 脱腸・そけいヘルニアの手術「楽クリニック」
アクセスマップ
  • 診察時間・休診日
  • よくあるご質問
  • 患者さまの声
  • お問い合わせ

胃カメラによる内視鏡検査

  1. 楽クリニック
  2. 内視鏡検査とは
  3. 胃カメラによる内視鏡検査

胃カメラは患者さんが検査を希望されれば、ほとんどの方に行なうことができます。楽クリニックでは、胃カメラでの内視鏡検査についての注意など患者さんがちゃんと分かっていただくまで説明をしますので、ご納得された上で検査を受けてください。
胃カメラによる内視鏡検査はクリニックの院長が行いますので、安心して検査が受けられるようお世話いたします。私たちは、常に安全に、痛みなどで苦しくないように検査が受けられることを心掛けています。お気軽にご相談ください。

胃カメラってどんなもの?

胃カメラ(上部消化管内視鏡)胃カメラは、正式には「上部消化管内視鏡」といいます。

カメラを口や鼻から挿入し、先端についている超小型のカメラで胃の様子を画面に映し出して検査を行うものです。 内視鏡は細いものですと外径約5mmと、以前に比べれば非常に細くなっているので、楽に検査をうけていただけるかと思います。

当院では、最新の極めて細い胃カメラ(超細径胃内視鏡)および高精度精密検査用胃内視鏡を用意しております。

胃カメラってもっと楽に受けれないの?

最近では技術の進歩で胃カメラは小さくなり、以前に比べればずっと楽に内視鏡検査を受けれるようになりました。 ただ、内視鏡がいくら細く小さくなったとは言え、胃カメラという異物をのどから入れることは誰でもしんどいものです。

胃カメラを出来るだけ楽に受けるために、当院では、少しだけ眠る注射を使用して寝ている間に内視鏡検査を行いますので、とっても楽に検査を受けることができます。

大手の総合病院では、一日に多くの患者さんを検査しますので、眠る注射を使用しない場合があり、しんどい思いをされた方もいらっしゃると思いますが、完全予約制の当院ではそういったことはありません。

また、鼻の麻酔のみで行う最新式の鼻からの超極細胃カメラの場合、内視鏡検査中に自分の胃の状態を見て、
医師と会話しながら検査を受けることもできます。

会話をしながら楽に内視鏡検査を受けられるってほんと?

口から胃カメラを挿入する場合は、口がふさがってしまいますので検査中は会話ができなくなります。しかし、鼻から胃カメラを挿入して内視鏡検査を行う場合は、会話をしながら楽に検査を受けることができます。もし痛い場合などございましたら、すぐに医師に伝えることができますので非常にリラックスして内視鏡検査を受けていただけます。

胃カメラの他にも胃の検査方法ってあるの?

以前は胃の検査を行う場合はバリウムでの検査を行い、検査で何か異常があった場合は胃カメラでの内視鏡検査を行うというのがセオリーでした。しかし、胃カメラが普及した現在では、初回から内視鏡検査を行うことの方が多くなりました。ただし、バリウム検査は胃全体を見渡すことができますので、胃下垂(いかすい)やスキルス胃癌などは、バリウム検査の方が優れています。どちらの検査方法もメリット・デメリットがあります。

バリウム検査(胃透視)

バリウム検査はご存知の方が多いと思います。恐らく学校や会社などで一度は検査を行ったことがあるでしょう。バリウムというのは造形剤で、これを飲むとX線を通さなくなるのを利用して、レントゲン撮影を行います。するとポリープや胃がんの部分はバリウムが弾かれますので、これを胃の中の空気や炭酸ガスを利用して黒くなる部分を作り、異変のある場所を映し出して悪い部分を映し出しています。

検査後、すぐに日常の生活に戻れます

胃カメラでの内視鏡検査には眠る注射を使用しますが、量は少なめですので目が覚めるのも早く、少し休んでいただければ日常生活へ戻ることができます。ただし、車などの運転はやめてください。

すべての患者さんが楽に検査を受けられるように

楽クリニックでは、すべての患者さんができるだけ楽に検査を受けられるように考えています。 最新の機器を設備していますが、胃カメラ(内視鏡)を扱う技師の腕があってこそです。 検査はすべて経験豊富な院長が行いますので安心です。胃カメラでの検査を受ける前に、不安に思っていることは何でもご相談下さい。

日帰り手術/日帰り手術実績8,000件

入院での手術治療よりも身体への負担が少ないのが「日帰り手術」です。 楽クリニックでは、日帰り手術専用の最新・最高品質の技術で手術を行うため、治療直後より歩行できるほど体に負担が少ないのが特徴です。 手術の後は、ご自宅で安静加療ができるため、精神的な負担も少ないのです。 身体と精神共に少ない負担で治療できるのが特徴です。

痔を治したい、痔かもしれない、何とかしたいと思ったらすぐに行動しましょう。

痔は早期の治療が根治につながります。痔かな?と思ったら、すぐに専門医に相談してみましょう。 痔の種類によっては、症状が進行すると手術が必要になります。 日本人の3人に1人は痔だといわれています。痔は虫歯のように、日本人にとって国民病といえます。痔であることが恥ずかしい、お尻を見せたくない、といった気持ちはよくわかります。 しかし、早めに治療を行えば痔は完治する病気です。ずっとお尻の痛みと付き合うより、早く、楽に治してストレスのない生活を取り戻しませんか? まずは、自分がどんな種類の痔なのかどうか、簡単なお尻の健康チェックを行ってみましょう!

痔とは

こんな症状
心当たりないですか?

座ると肛門付近が痛い

痛みはないが肛門付近に突起物がある

大便の際に出血することがある

便が硬く、大便の際に痛む

残便感がある

クリニック外観

楽クリニック

所在地: 〒640-8287 和歌山県和歌山市築港3-21-2

お問い合わせ: 073-433-5000
診療時間: 8:30~17:30(土曜は17時まで/日曜は16時まで)
休診日:木・日午後

和歌山市築港にある痔の日帰り手術専門病院です

楽クリニックは、和歌山市築港にある日帰り手術専門の病院です。予約制なので、総合病院のような慌ただしい雰囲気は一切なく、いつも落ち着いた雰囲気が漂っています。 床やドア、カウンターなどに木を使い、椅子やソファー、壁などは白で統一し、落ち着いて診療をうけていただける環境を目指しました。
クリニックへのアクセスは阪和道「和歌山IC」を降りて約20分、電車の場合はJR和歌山駅からタクシーで約10分、南海和歌山市駅からタクシーで約5分の場所にあります。クリニック前には駐車場を完備しております。

診療時間
午前 8:30~12:00 手術・検査 休診 手術・検査 外来診療
午後 13:30~17:30
土曜は13:30~17:00
日曜は13:30~16:00
外来診療 外来診療
外来診療

※初診はあらかじめ予約が必要となります。

楽クリニック 藤田定則

楽クリニック院長 藤田定則

外科医として、下積み研修医時代から最新の腹腔鏡下大腸癌手術や日帰り手術を、 日々行う今日まで、楽に治療が受けられるようにと全国の有名な名医の居る施設を視察して参りました。その中でよりよく楽に治療が受けられる方法を研究してきました。 郷里に戻り、楽に検査や治療が受けられるクリニックを目指し、2004年当院を開院いたしました。 開業より、患者様に満足していただけるよう試行錯誤を繰り返し、満足のいく治療を提供するには、スタッフにも満足していただける環境作りが必要と考え、働く側も満足できるクリニックを目指し、日々システム・サービスの改革に励んでいます。

院長先生の紹介

プロフィール
略歴
1962年 こどもの日(5月5日)和歌山生れ A型
1989年 大阪医科大学卒業
同附属病院一般・消化器外科入局
1996年 医学博士号取得
2003年 松原徳洲会病院
外科部長
2004年 楽クリニック開院
資格など
医学博士/日本外科学会認定専門医/日本消化器内視鏡学会専門医/日本消化器外科学会認定医/日本短期滞在外科手術研究会世話人/関西ヘルニア研究会世話人/関西北陸ALTA研究会世話人/JSSSA世話人
所属学会
日本大腸肛門病学会/日本癌治療学会/日本胃癌学会/日本内視鏡外科学会/日本臨床外科学会/日本静脈学会/日本脈管学会/国際日帰り手術学会