楽クリニックは痔の治療を行う病院です

和歌山・大阪での痔の日帰り手術 アクセスマップ
  • 和歌山・大阪での痔の日帰り手術
  • 日帰り手術
  • 痔とは
  • 楽クリニックのご案内
  • お問い合わせ

痔の治療を行う病院です

  1. 楽クリニック
  2. 痔とは
  3. 痔の治療

楽クリニックでの痔の治療って?プライバシーをしっかりまもります

病院での痔の診断・治療光景おしりを見せるのは、なかなか勇気のいることです。院長(藤田)自身も排便時に紙に血が付いたとき、診察を受けるまでどうしようかと悩みました。

「痔」じゃないかな?と思っていても、恥ずかしくて人に打ち明けられない方のために楽クリニックでは、 患者さまができるだけ恥ずかしくないように診察を受けられるよう、プライバシーをきちんと守るよう心がけております。

予約診療や受付での配慮、最低限の診察人数、 待合室に会話の内容が聞こえない距離など細かい部分まで患者様のプライバシーを守るための配慮を行っています。

痔の治療の流れ診察はできるだけ恥ずかしくないように配慮いたします

受付

受付で、初診受付票、問診票に記入していただきます(受付では何もお聞きしません)。

問診

専門看護婦が、問診室(独立したお部屋になっております)で、痔の症状・いつからか・排便の状態・治療歴をお聞きします。

診察

左横向きの姿勢で下着を下ろしてバスタオルをかけます(患者さまと目が合わないように配慮しています)。
肛門周囲の観察、続いて肛門に痛みのないようゼリーをつけ、肛門直腸観察用の器具を挿入します。状態は一緒にモニターで見ていただくこともできます。
強い痛みのある方には、痛みをおさえるお薬を入れてから診察を行います。

病状の
説明

お薬による治療がよいか、手術による治療がよいかをわかりやすく説明します。お薬の方は処方箋を出します。 手術の方は、血液検査・レントゲン・心電図を行います。
次回検査結果と手術説明をさせていただく日を予約します。

痔の手術の流れ日帰りで終わるので手術をしたその日に帰宅できます

手術前

  1. 楽クリニックへ来院。血圧を測ります。
  2. 手術着に着替えていただきます。
  3. 点滴を行います。
  4. 上向きに寝ていただいて、麻酔を開始します(しっかり意識があるかまったく眠ったままで手術を受けるかは、患者さまの希望を聞いております)。

手術

  1. 手術を行います。約15分〜30分程で終わります。

手術後

  1. 麻酔を覚まします。
  2. 歩いて回復室に向かいます。術後水分が飲めて、排尿ができれば帰宅可能です。
  3. 服を着替え、手術結果の説明、術後の注意点の説明を受けます。
  4. 会計を済ませ、帰宅です。

痔の保存的療法とは痔の治療は生活習慣から

痔の保存的治療法痔の治療は、患者さん1人1人の症状や生活状況によって異なりますし、患者さんの希望によって治療方法も変わります。比較的軽度の痔核なら、生活習慣を改善し薬を使用することで治すことができます。

生活習慣を改善することを、「生活療法」といいます。また薬による治療を「薬物療法」といいます。これらの治療を併せて「保存的療法」といい、手術による治療は「外科的治療」といいます。

痔ろうの場合はほとんどが手術による治療が必要ですが、全般的には生活習慣を改善することで症状が和らいだり、痔の再発を防止することができます。

生活療法

どの痔の症状であっても、治療の基本は痔の原因となる生活習慣を改善することが大切です。 痔の治療が終わって治ったからといっても、生活習慣を見直さなければ、再発の恐れがあります。生活習慣を気を付ける事で、痔にならない身体をつくりましょう。

  • 便秘にならないように、適度な運動・食事を心がける
  • 下痢にならないようにする
  • 排便時、いきまないようにする
  • お尻を清潔にする(但し、石鹸、シャワー、温水便座、ウエットティッシュでのお尻拭きは駄目)
  • 身体を冷やさないようにする
  • 長時間同じ姿勢でいないようにする
  • アルコールや刺激物を控える
  • 十分な水分と食物繊維をとる
  • 適度な運動をする
  • ストレスをあまり溜めないようにする

薬物療法

生活習慣を改善するのに手助けとなるのが、薬による治療です。薬物療法は、内服薬と肛門内に注入する座剤と塗り薬(軟膏・クリーム)があります。 内服薬は、便秘の時便を柔らかくする緩下剤や消化剤、抗生物質などがあります。座剤には、固形タイプと軟膏があります。どちらも痛みを抑える鎮痛薬・麻酔薬と炎症を抑えるステロイド系・ビスマス系などがあります。

ステロイド系 主に炎症や痛みを抑えます。効き目が強力です。
外痔核や痔核など、強い痛みがあるときに私用されます。
ビスマス系 止血作用があります。出血が多い場合など用いられます。

痔の種類と治療方法きちんと説明し、同意を得た上で、最適な治療を行います

イボ痔(痔核)

外痔核はお薬で小さくなる場合がありますが、保存的療法の効果が薄い場合は手術治療が必要になります。

いつも出っぱなしのイボ痔(外痔核・皮垂(外痔核がしぼんで皮がたるんだ状態)は、 お薬による治療では完全になくなりません。不快感が続く場合は手術で切除するほうがよいです。 排便のたびに出てくるイボ痔(内痔核・肛門ポリープ) は、お薬(座薬や軟膏)による治療で小さくならない場合は、分離結さく法またはジオン硬化療法を用いて治療を行います。

イボ痔とは?

切れ痔(きれ痔)

お薬による保存的療法で7割以上の方が症状が改善します。

切れ痔(裂肛)は排便後ジーンと肛門が痛い、少し出血するなどの症状が出ます。 便をやわらかくするお薬と軟膏による治療により、約75%の方が改善しています。

切れ痔とは?

痔ろう(あな痔)

日帰り手術はできませんが、手術治療で治ります。

手術治療が必要です。楽式痔ろう根治術で、大きく切らずに時間をかけて治します。

痔ろうとは?

痔の治療・手術費用について痔の手術には健康保険が適用できます

痔の手術は健康保険が適用できますので、3割のご負担で手術をうけていただけます。もちろん、手術治療を行うかどうかは、痔の状態を診断して、患者さまと相談して決めさせていただきます。

痔の手術費用:痔核・痔ろう・裂肛 (3割負担の保険の場合)

40,000〜60,000円

遠方からも安心して治療にお越しください大阪・関西圏からも来られる方が多い病院です

和歌山・大阪・関西圏での痔の治療楽クリニックへ来られる患者さまは和歌山にお住まいの方はもちろんのこと、大阪や関西方面から来られる方も多数おられます。さらに遠方から来られる方もいらっしゃるので、宿泊施設のご案内もいたしております。アクセスマップのページに、病院へのアクセス方法と宿泊施設について詳しくご案内しております。