あな痔(痔ろう)

和歌山・大阪での痔の日帰り手術
アクセスマップ
  • 診察時間・休診日
  • よくあるご質問
  • 患者さまの声
  • お問い合わせ

痔ろう(あな痔)

  1. 楽クリニック
  2. 痔とは
  3. 痔ろう(あな痔)

痔ろう(あな痔)は膿が出る穴ができる痔です痔ろう(あな痔)とは、肛門のまわりに直腸からばい菌が入って炎症を起こし、膿を出すおできができ、最終的に直腸と皮膚がつながるトンネルができる痔です。 老年~中年の方に多く、また男性に多いのが特徴です。この痔の初期の症状は、肛門周辺の痛みと発熱です。

痔ろうになると、トンネルから膿が出てくるだけでなく、痛みや発熱を伴い、長年にわたって放置するとトンネルが枝分かれして、まれにがん化することもあります。その場合は手術により肛門をとらなくてはならなくなります。

痔ろうの原因下痢などによる細菌感染が主な原因です

痔ろうになる主な原因は、下痢などにより、歯状線(しじょうせん)にある肛門陰窩(こうもんいんか)というくぼみに下痢便が入って、細菌に感染して起こります。小さなくぼみなので通常はここに便が入り込むことはないのですが、下痢をしていると便が入りやすくなります。その結果、膿の袋(肛門周囲膿瘍)ができます。その後、袋が外向きに破れて膿が出てしまいます。体調が悪い時や体力が弱っている時などは、便の大腸菌に感染し、化膿(かのう)しやすくなります。最近、温水便座を使用する方の痔ろうが増えています。肛門の中で水が入り、下痢便と同じ状態になるためです。

痔ろうの経過と特徴

初期の痔ろう(あな痔)
  • 下痢をしていると原因になりやすい。
  • くぼみ(肛門陰窩)に便が入り、細菌に感染します。
  • くぼみの奥に膿の袋ができてしまいます。
 
膿の袋が破れて膿が出てしまい、化膿しやすくなります。
  • 袋が外向きに破れ、膿が出てしまいます。
  • 体調が悪いときや弱っているときは便の大腸菌などに感染し、化膿しやすくなります。
痔ろうが治る場合 痔ろうが治らない場合 いつまでも続く炎症

痔ろうの状態

痔ろうの手術が必要

痔ろうの治療痔ろうは手術治療でのみ根治できます

痔ろうの治療痔ろうは他の痔と違って、生活習慣を見直したり、食生活を改善したり、治療薬を使っての治療法はほとんど効果がなく、手術治療をするしかありません。

手術には、一気に切り開いて管を取り除く方法と切り開かずにゆっくりと管を取り除く方法があります。切り開く場合は、入院加療が必要となりますが3週間程度で早く治ります。ただ、傷が治っても肛門が変形し(※この肛門の変形を治療することは困難です)、キズ口からおならや下痢便が漏れることがあります。当院では、ごく浅い単純痔ろうにしか行っておりません。

当院では主に、切り開かずに管を取り除く方法”シートン法”を行っております。この手術法では治癒までの時間はかかりますが再発が少なく、便を漏らすなどの副作用が起こることは殆どありません(4~12ヶ月程度の時間が掛かります)。

シートン法は、膿のトンネルに生ゴムの紐と薬を含んだ糸を挿入して治療します。従来のトンネルを解放する方法や、くりぬく方法よりも優れていることから、近年肛門の専門の学会や研究会で注目されています。楽クリニックでは、出来る限りシートン法を用いて、大きく切らずに時間をかけて治します。

手術のケア日帰り手術なら翌日から普通の生活を送っていただけます

  • 手術当日は安静にして下さい。
  • 手術の翌日からどんどん動いて下さい。
  • 手術後に強い痛みがあるとき、排便時に紙に3cmほどの血がついたとき、それ以上にポタポタと出血したときは、すぐに当院まで連絡してください。
  • 切る手術の場合は、手術後2~3日は安静にしてください。

単純痔ろうと複雑痔ろう複雑痔ろうは手術の難度が高く単純痔ろうより高額になります

I型痔瘻

I型痔瘻

皮下痔ろう、粘膜痔ろうとも呼ばれ、発生頻度は高くありません。

II型痔瘻

II型痔瘻

筋間痔ろうとも呼ばれ、痔ろうの60~70%を占める一般的な痔ろうです。

III型痔瘻

III型痔瘻

その後は治癒(ちゆ)する場合と、悪化して痔ろうになる場合があります。

IV型痔瘻

IV型痔瘻

骨盤直腸窩痔ろうとも呼ばれ、まれに発生します。

単純痔ろうとは

単純痔ろう(単純なもの)とは、粘膜や皮下のみに痔ろうのトンネルができる浅い痔ろうです(日本の隅越分類I型)。トンネルを切り開く手術(開放術)で治療します。切れ痔の手術と同じ程度の処置を行うため、費用も切れ痔の手術と同じ程度です。

複雑痔ろうとは

複雑痔ろう(複雑なもの)とは、肛門を締める筋肉を貫く痔ろうのトンネルができる深い痔ろうです(日本の隅越分類 II、III、IV型)。複雑痔ろうは、バッサリ切り開く手術を行うと、手術後肛門の変形をきたしたり、しまりがゆるくなることがあります。このため、修練をつんだ外科医が治療を行う必要があります。費用も単純痔ろうの倍以上に設定されています。

楽クリニックで痔ろうの治療をうけた患者さんの声

  • 入院しないといけないと思って治療を先送りにしてきましたが、手術をやって本当によかったです。 (手術治療:70歳男性)
  • お尻に痛みを感じていましたが治療に行くことや、痔であることを会社の人にも知られたくないので治療に行くこともためらっていましたが、日帰りで手術していただき、その後は少しずつ治療を続ける治療で誰にも気付かれず無理なく治療が出来ました。時間がかかりましたが今では全く以前の痛みがウソのように無くなりました。 (手術治療:50代男性)